favorites of un5jrn | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of un5jrnall replies to un5jrnfavorites of un5jrn

http://gt7u9x.sa.yona.la/1137

reply

やっぱりomgに見える (しつこい)


今、どちらかというと楽しいなと思う関係は将来には全くつながりそうにない関係だ

どちらかというと楽しくない関係はわりかし堅実に未来へつながっていきそうな関係だ


つまり私は今きっと最も消極的な死を選んでいるのだ。

落ちるところまで落ちてしまえば、あるいはもっと楽に悩みも葛藤も超えた先へいけるのではないかと。

魔法なのだ。 これは、私にとっての。

私は昔から魔法が好きだった。 きっと子供はみんな好きだろう。

だから私が子供のころは、剣と魔法の物語ばかりを好んだ。 そして今だって気持ちばかり子供のままだ。

まだこの世界には私を救ってくれる魔法が、すべてがうまくいく魔法が待っていると思っている。

白馬の王子様なんて現れない事は知っているのに、魔法のランプは世界のどこかに眠っていると思っている。

だけどやっぱり、矛盾しているけれど、本当は知っている。 そんな都合のいい魔法は、どこにも無い!

それで、私は自分にまた新しい魔法をかけたのだ。

魔法切れてしまうのは、そんなもの無いと本当に気が付いてしまったとき。

だからそうなる前に、自分自身が消えてしまう魔法をかけて続けているのだ。

アブラカタブラ 消えてなくなれ

アブラカタブラ 消えてなくなれ


きっと本当に魔法のランプを見つけたなら、願いは一つ残しておくべきだ。

魔法がなくなる前に消えれるように。

私自身が、私のための魔法であるように。

posted by gt7u9x | reply (0)

成分表示

reply

0mgがomgに見えて唖然とした

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1135

reply

体力的、あるいは精神的に死にかけているときは実はそれほど気分は悪くない

一番気分が悪いのは、死にかける直前と、回復の兆しが見えたころ

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1134

reply

朝 : 布団の外は地獄

昼 : 地獄なう

夕 : いっそ殺せ

深夜 : 俺は生きている


なんかもう、やっぱり死んだほうがよい

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1133

reply

人はぼくをきちがいではないというが

ぼくは間違いなくきちがいだ

しかし、この恥じるべき矮小な理性が

ほとんど万人にとって唯一の人としての道具であるならば

それこそ僕はまさに発狂してしまうだろう

自分がひどく泣いているのに

鏡に映る自分がたいそうほがらかに笑っていたら

誰だって恐ろしいだろう

ぼくは、そう感じるだろう

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1132

reply

私は馬鹿だから


この一言に含まれるのは主に謙遜、諦め。

いいえ違います、自分に限界を作ることの安心感です。

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1131

reply

もうかれこれ何年も、環境や状況は変化し続けているというのに

僕自身は何も変わらずいつまでたっても進歩のないことをしている。

新しいニュースに耳を傾けたりしないし、新しい付き合いをわざわざしようとも思わない。


やはりしんでいる

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1130

reply

人付き合いそのものが大嫌い、というわけではないんだな。

嫌いな人が多いだけだ。

その分好きな人には、それなりの態度をしているはずなんだけれども。

posted by gt7u9x | reply (0)

帰省と寄生が同音異義語なのは歴史の偶然なのだろうか。

reply

いや、ない。 (反語)

posted by gt7u9x | reply (0)

ポーズだけは一人前

reply

一つの分野で一流になる自信はないのに、二つや三つの分野で二流の能力は持てると漠然と思っている

その根拠の無い思い込みが一番の敵だと思うよ私は

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1127

reply

想像上でファンタジーな場で外見の美醜に拘るのは

やっぱり自分自身の持つものにコンプレックスを持っているからか

それともそれとはあまり関係なくて、ただの好みの問題なのか


別にどっちだって他人にとっては問題ではないけど、自分事としては気になるわけで

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1126

reply

今のまま生きているぐらいなら、死んでる方がまだ健全。 フレッシュ。

posted by gt7u9x | reply (1)

ゆるやかし

reply

posted by gt7u9x | reply (0)

美しさに男も女も無いなんて

reply

言えば白目の矢が降る世間は戦場

posted by gt7u9x | reply (0)

「どうでもいいね!」

reply

やっぱみんなそう思うよね

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1121

reply

・ついにアニマルスリッパに手を出す。 着る毛布と合わせて人間をやめる。

・カゴに積まれた見切り品半額相棒パンを見つける。 二つ買う。

・いつも思うけど、相棒コラボのパンは毎回見切り品コーナーへの進出を確認する。 割と(味が)好きなので毎回半額で買う。

・そのたび思う。 小売りのミス、メーカーのミス、コラボ元の資金力、どれだ。

・スリッパのツメがズボンに引っかかり歩きにくいことに気が付く。

・手袋の買い忘れと商品の置き忘れに気が付く。 ため息まじりにパンを食べる。

・17:17

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1120

reply

頭を一度パーにする必要があることを理解する必要があることが時にはあるということ

ことことことこと

posted by gt7u9x | reply (0)

被害妄想

reply

世界は僕にばかりつらく当たる

私にいつはいつも、あまりものの屈辱ばかり与える


そう思うのが幸せかどうか

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1118

reply

何をしゃべっても陳腐な言葉

世界は落書き帳なんかじゃないのに

posted by gt7u9x | reply (0)

http://gt7u9x.sa.yona.la/1117

reply

歳をとると感性が鈍るとは思わないけど

昔のそれとは少しずつ別のものに変化していくのも時々ふと感じる。

それを劣化ではなく変化と思うのも、自分が思いたいがゆえである。


結局のところ、思い出の懐古よりも現在がつまらないわけです。

私は毎日昨日を繰り返す。


頭の中が、たいていいつもワードサラダ

posted by gt7u9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.